同じ年頃の女性と比べてもそこまで太っている方ではないと思っているのですが、太ももだけがやたらと張っているせいかスキニーパンツだけはどうしてもはくことができません。

そのせいで普段もスカートやゆとりのあるパンツばかりなのでかっこいいコーディネートが難しいです。

スキニーパンツを履けないと思ったタイミング

思い返せばスキニーパンツなどの細身のパンツがはけなくなったのは高校時代にバレーボールを始めてからのことです。
それまでは特に脚の太さが気になるようなことはありませんでした。
とはいってもやめてから何年もたっていますし、当時はしっかり筋肉の付いていた脚も今では触ればプヨプヨで明らかに脂肪だと感じるのですが、どんなにダイエットを頑張っても太ももだけはどうしても痩せることがないのです…。
だからといってあまりにダイエットを頑張りすぎると胸や顔など落ちて欲しくない箇所のお肉ばかりが落ちてしまって、ダイエットには成功したのに見た目が良くなるどころか悪くなってしまったこともあります。
部分痩せ効果のあると言われている美容グッズやサプリメントなどもかなりの数を試しましたが、どれもこれも思ったような効果は出ませんでした。

スキニーパンツを履く為にしていること

スキニーパンツをかっこよくはきこなすことが出来たらいいなという希望はまだ捨てていないので今でも部分痩せグッズなどの情報が入ればできるだけ試してみることにしています。
雑誌やネットの口コミなどを参考にすることが多いです。
その他には余計な部分のお肉まで落としてしまわないようにダイエットするときは必ず食事制限ではなくて運動で行うことに決めています。
筋トレは逆に脚が太くなってしまうのが怖くてためらってしまうので、スクワットなどの無酸素運動はほどほどに、ウォーキングやジョギング、踏み台昇降などの有酸素運動を積極的にダイエットメニューに取り入れてます。
服を選ぶときにも太ももが目立たないようにトップスにボリュームを出したりといった工夫をして、どうにか自分が目標とするかっこいいスタイルに近づけようと毎日試行錯誤しています。