私は昔からなで肩が悩みです。
色んな服屋に買いに行きますが、試着してもイマイチぱっと来ない服ばかりです。
体のサイズも170cmで足が短く胴が長いのでMサイズを着たいのですが微妙に小さく、Lでは大きく服選びは必ず試着してサイズを合わせないといけないです。

服選びに困るなと思い出したとき

私は現在24歳の社会人。
高校生のころから身長は170cm手前、特に大きくない体なのですが、困ったことが一つありそれは少し、なで肩な事でした。
どうしてもフードがついていない服を着るとなで肩が目立ってしまい普段からパーカーしか買わなくなってしまいました。
さらに不便になったことは就職した会社が筋肉を大いに使う会社で入社した時に比べ遥かに肩や上腕二頭筋の筋肉が発達し、さらに首回りがとても太くなってしまいました。
お陰で服を買う際に試着するとだいたい肩幅が邪魔をし自分が着たいと思っている服も諦めていることが多いです。
サイズは個人的にLサイズを現在選んでいるのですが、本来であればMサイズが体にぴったり合うサイズで、Lは出来るだけ着たくないのが本音です。
もしこの会社に入っていなければ体つきはそこまで成長しなかったので、通常にMサイズを切れていたのだと思います。

自分の体型と向き合うことが大事

結果的にはこの体と付き合っていかなければいけないので、見た目とサイズを見てすぐ買うのではなく、必ず試着を行うことを心がけています。
なぜなら私は一度Mサイズを数着買い実際に着てみるとピチピチすぎて着れないと言ったことが何度かありました。
同じMサイズでもメーカーによって規格は違うので気を付けています。
他にもなで肩のコンプレックスが気にならないようにやはりパーカーを取り入れてしまいます。
ですが最近ではあまり周りの目を気にせず自分が着たいと思ったセーターなどを着て自分と向き合うようにしています。
今では彼女に前と雰囲気が変わったねと言われるまでになりました。
自分が着にしているほど他人は自分の容姿に気にしていないことに気づきあまり敏感にならず、着たいと思った服を着てオシャレするのが自分に合っているのだと気づきました。