私は小さい頃から体毛が普通の人よりも濃いところを悩みに持っています。どうゆうところが濃いかというと手足に生えている毛が結構多く生えています。その他にも生えている場所が手の指の毛と足の指の毛や、いまは整えていますが、眉毛がかなり太い眉毛でした。小学生のときは眉毛を整えると先生から指摘を受けるのでやめていました。

体毛に悩み出したきっかけ

小学生のときに夏場になると半袖ティシャツを着ていると思います。半袖ティシャツになると手足に生えている体毛が普通に見えてしまいます。そうすると嫌だなあ、恥ずかしいなあとも思いながらも着なくてはいけないです。そういったときに学校に登校すると、クラスに入り席に座ると男の子に、うわー!気持ち悪い!といつも言われてしまいます。すごくすごく嫌で夏になるといつも嫌気がさしていました。小学生のときは体毛の処理をすると親に怒られてしまいます。体毛を処理することで体毛が余計に濃くなることがあるので、処理がなかなか出来ませんでした。そんなときに男の子から毛むくじゃら!気持ち悪い!と言われました。私は一生涯といっても過言でもないというほど傷付いた言葉だと思います。中学生になったときはもう恥ずかしさを通り越して嫌になり、T字のカミソリで処理をすることにしました。ちなみに言いますと親には言わずに内緒で処理をしました。

体毛の対策方法

大人になっても私は一番に気になる部分が眉毛です。私の場合は眉毛の色もかなり濃くなっていますので、眉毛を眉毛カットで整えることを気にしています。化粧をすることもありますのでできるだけ綺麗に眉毛をカットすることを気を付けています。また、カットするだけではなく、ピンセットで眉毛を抜くことをしています。抜いてもやはり生えてきます。抜くとそれだけ眉毛が生えて来なくなります。それを前は2週間に一回するようにしていました。でも眉毛の処理をするのに結構な時間がかかりますので、そういったときにはT字のカミソリで剃るだけにしています。私の中で一番オススメをしたい!と思うのは電動カミソリで処理をすることです。少し値段は張りますがついでに鼻の下の産毛の処理もできます。とても便利です。私は電動カミソリはオススメします。でも電動カミソリは男性には使えないので、男性はT字のカミソリか、電動髭そりを使用することをオススメします。